子供のいたずらを鍵屋が解決!鍵のトラブルに対処します

家庭内の事故予防!鍵屋に依頼して鍵修理

鍵が壊れるなどのトラブルが起きても慌てることがないように、鍵屋へ依頼するときの基本的な流れを確認しておきましょう。

まずは鍵屋に問い合わせ

家の鍵が開かない、壊れているなど鍵に関するトラブルがあれば、まず鍵屋に電話しましょう。状況を伝えてどのような対応をしてくれるのか確認する必要があります。緊急でしたら、そのことも落ち着いて伝えるようにしましょう。

鍵屋が現場の状況確認

業者へ問い合わせたあと、鍵屋が現場へ駆けつけますので分かりやすい場所で待ちましょう。現場に到着したらすぐに現場の状況を確認します。原因について思い当たるふしがあれば、この時できるだけ詳しく伝えましょう。

見積もり後作業開始

現場の状況が確認できたら、鍵の種類や形状から作業方法が決まるので、その場で見積もりを出してもらえます。この時になにか要望があれば相談しましょう。見積もり内容と金額に納得し合意したら作業開始となります。

精算で完了

すべての作業が修了したら、基本的にはその場での支払となります。支払方法は鍵屋によって変わってくるので、問い合わせの時に確認しておくと慌てずに済みます。鍵屋利用の流れを確認して、もしもの時に慌てずに対応できるようにしましょう。

ヒヤっとした子供のいたずら~私達が鍵屋を呼んだ理由~

子供

子供が大きくなるに連れて興味や関心が広がり、いたずらのレベルも上がっていき手をやくことが増えていきます。大きくなった子供だけでなく、小さい子供でも困ったいたずらをする時があるのではないでしょうか。ドアや鍵に関するいたずらにはどのようなものがあるのか、実際のケースを見ていきましょう。

私達は子供のいたずらでこんな体験してしまいました

好奇心からの行動力がすごくて対策をすべて突破されます。(33歳/3歳児のママ)

3歳の脱走癖のある子ですが、好奇心により頭脳も冴えているいたずら好きです。家の玄関からの脱走を防ごうと必死になって対策をしました。しかし虚しくもすぐに攻略されます。鍵屋に頼み補助錠を付けてもらうか悩みましたが、賃貸だったのでそこは避けて教え込むことにしました。

油断からドアの修理になりました。(34歳/2歳児と5歳児のパパ)

子供が活発になってくるといたずらから危険なこともします。子供が外に出ようとして、ドアを開けるのに必死になりドアノブを壊してしまいました。ドアが重いため開けられないと思い油断していました。ドアの修理が必要となり大変でしたが、ドアノブを壊した時に指を挟んで怪我をしないでよかったです。

鍵を閉められました。 (31歳/1歳児のママ)

1歳5ヶ月の子どもがいます。私が勝手口から外へ出ていると子供に鍵をしめられました。鍵をもっていなかったので、鍵屋を呼び開けてもらいました。子供も無事で良かったのですが、その時は怒鳴ってしまい子供も大泣きしましたので、ただ怒ったことを後悔しています。勝手口ドアの交換をしたほうがいいのかまで考えました。

TOPボタン